今日は12月定例会最後の報告となります。

日本維新の会西宮市議団は12月定例会において「西宮市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当支給条例の一部を改正する条例(案)」を提出し、「議員報酬を5%削減する」案と「常任委員会の正・副委員長に対する議員報酬の加算を行わない」案、共に賛成多数で可決・成立致しました。それぞれ1年間の期限での対応となります。

平成30年度以降、本市の財政は病院建設用地買収費用の返還・コロナ禍の影響による国からの手厚い交付税などの特別な要因に加え、基金繰入れによって何とか実質収支の黒字が保たれてはいるものの、実際の財政状況は赤字基調です。令和4年度に至っては、一般会計で実質単年度収支が42億円の赤字という大変厳しい結果となりました。

西宮市は財政構造改善基本方針の策定を行い、令和6年度から10年度の期間で単年度40億円以上の収支改善を目指すとしています。早ければ令和7年度か8年度には適正な予算編成が困難になりかねないという現状の中で、1年間という限定的な対応ではありますが議会として歳出削減をすることに加え、市に対しても収支改善のための徹底した取り組みを強く求めていくことで、住民福祉の増進に必要な財源を確保することが必要だと判断し、今回の提案に至りました。

この条例による削減額は令和5年度と比較して約2,657万円となりますが、「5%の削減は少ない。西宮市の議員報酬は中核市の中でも高額。もっと削減すべき!」というご意見もあります。しかし議員報酬を削減することに反対する議員も多数いることや、過去に10%の報酬削減が反対されたこと成立を優先して最も理解を得られやすい削減率としたことを理由に5%で提案しました。財政状況悪化の根本的な課題解決について、引き続き覚悟をもって市に強く働きかけて参ります。

また日本維新の会の「身を切る改革」として、議員報酬の2割に相当する736,464円(令和5年5月~12月分の報酬)を、昨年の福岡県で発生した豪雨による災害被災地へ寄附させていただきました。少しでも被災にあわれた皆様の環境が改善される為に活用頂ければ幸いです。

浜口一般質問
今年も残りあとわずかとなりました。
約4年振りに2度目の当選を果たし、日本維新の会という新しい環境で西宮市議会議員として活動してきましたが、本当にあっという間でした。また来年も引き続き西宮市の為に尽力して参ります。

皆様、良い年越しをお迎えください。