公立保育所の1日保育士体験に参加してきました!


今日は某公立保育所にて、1日保育士体験を行ってきました。

本市では保育所の待機児童解消が喫緊の課題となっています。一方で、保育所を整備しても、肝心の保育士が確保出来なければ受け入れは出来ません。保育士の確保は多くの自治体では対応に苦慮しており、保育士が長期に渡って働くことができる環境の整備が重要です。保育士の課題については、市や民間の保育所から提供される資料など、文字や数字で一定の把握は出来ています。しかし実際の現場のイメージがなかなか掴みにくいと感じていました。

この1日保育士体験は保護者を対象に行っている取り組みです。今回は理由を説明した上で、市と保育所から特別に許可をいただき実施できる事となりました。

午前中は2歳児のこどもたちを担当。お部屋で一緒に遊んだり園庭でかけっこや砂遊びなどをしました。2歳児の体力は底なしなので、結構ハードです。次にお部屋に戻って誕生日会。男の子が誕生日だったので、みんなでお祝いをしました。終始恥ずかしそうにしながらも、とっても喜んでいました。その際先生からの提案で、私からのプレゼントとして紙芝居を読ませてもらいました。紙芝居を読むのは初めての体験でしたが、みんな喜んでくれたので良かったです。その後はお昼ご飯のお手伝いをして、こどもたちの寝かしつけのお手伝いを行いました。なかなか寝てくれないのでこちらもなかなか大変です。午後からは5歳児の部屋に移動して、部屋で一緒に遊んだあと、絵本の読み聞かせをさせていただきました。こどもたちからそのお礼に歌をプレゼントしてくれました。そして最後はこどもたちの前で、保育所長から終了証をいただきました。

1日だけの体験なので具体的な感想は控えますが、こどもたちがみんな本当に楽しそうに過ごしている事がとても印象的でした。これも公立保育所の先生方による日々の活動の賜物だと感じました。今日の保育士体験は本当に貴重で楽しい時間でした!

お忙しい中にも関わらず受け入れて下さった保育所の皆様、終始親切丁寧なご対応に心から感謝致します。ありがとうございました!


提言集(前編)〜3年半の議員活動を振り返って〜の駅立ち配布が今日で終了しました。合計で5,158名の方に受け取っていただきました。本当にありがとうございました!

PDFでもご覧いただけます。読んで下されば幸いです。
提言集(前編)〜3年半の議員活動を振り返って〜
来週から提言集(後編)を配布します。こちらも手に取って読んで下されば幸いです。なお後編の配布は前編よりも配布駅数が少なくなりますが、残り日数を考慮した結果となっております。ご容赦下さい。

わがまちクリーン大作戦→ノートル・アヴェニールさんのクリスマス・コンサートと充実した1日でした!


今日は朝からわがまちクリーン大作戦に参加させていただきました。
私はいつも母校の苦楽園小学校前を清掃します。清掃活動だけでなく、地域の課題もいくつかお聞きすることが出来ました。早速週明けに市へ確認・対応を行います。ご参加された皆様、本当にお疲れ様でした!

終了した後はスーツに着替えて児童発達支援・放課後デイサービス「ノートル・アヴェニール」さんのクリスマス・コンサートに来賓として参加させていただきました。

この日はヨハネス・ブラームス国際コンクールにて、最年少でセミファイナリストにも選ばれ、審査員特別賞を受賞された吉本梨乃さんがバイオリン演奏を披露してくださいました。15歳という若さを感じさせない表現力や力強さ、技術力に、ただただ魅了され、一瞬でファンになってしまいました!普段は海外が主な活動場所のようですが、日本でコンサートが開催された時は是非見に行きたいと思います。

その後は児童たちによるピアノ演奏でした。一部を除きソロと連弾をそれぞれ演奏します。親子で連弾を演奏する場面もあり、とても心温まる演奏会でした。中にはとても難しい曲にチャレンジする児童もいましたが、ピアノは療育プログラムにとても有効であると感じました。


最後は世界最優秀ソムリエコンクールで世界一となった、日本ソムリエ協会会長の田崎真也さんの「香りの授業」を児童たちと一緒に受けました。タッパに入ったものを香りだけで当てるゲームですが、これがなかなか当たりません。香りの記憶って以外にあいまいで、それだけ人間は嗅覚の意識が低いことがわかりました。この嗅覚への意識を高めることは、感情が豊かになるだけでなく、記憶力も向上すると言われています。「香りの授業」を受けた感想として、嗅覚の鍛錬も療育に効果的だと感じました。

最後に田崎さんのセレクトワインを堪能しました。どれも大変美味しかったです。充実した1日を過ごさせていただきました。本当にありがとうございました!

来週の駅立ちをお伝えします。

12月10日(月)阪神西宮駅南西側
12月11日(火)阪神香櫨園駅北側
12月12日(水)阪神西宮駅北西側
12月13日(木)阪急西宮北口駅南東側

悪天候の場合は順延します。
宜しくお願いします。

12月定例会がスタート!育児休業中の職員を職員定数にカウントしないよう改める条例案が上程されるのですが。。


先週から12月定例会が始まりました。

今回私は一般質問の出番がありませんが、議案ではいくつか気になるものがあります。その1つが育児休業中の職員を職員定数にカウントしないよう改める「西宮市職員定数条例の一部を改正する条例制定」です。

現在西宮市では育児休暇中の職員を職員定数としてカウントしています。一方で保育所保健師など特に育休取得者の多い部署では負担となる課題がある、だから定数から育休取得者を外して、育休による負担の大きい部署に新たな職員を採用する、というのがこの条例改正の目的のようです。

必要な職員を採用することに反対するつもりはありません。しかしその前提として、事業の民間移管や廃止業務の合理化による職員の事務負担軽減技能労務職の不補充配置転換等による対応など、職員を増やす前にやるべきことを実施し、全国的にも高いとされている市職員の人件費圧縮・人員削減に取り組むべきです。我が会派は行政改革について過去より主張し続けていますが際立った進捗は無く、そのような中で、今回の改正案を容認することは簡単ではないと思います。

引き続き、この問題について取り組んで参ります。

今日は西宮市消防訓練施設竣工式に参加しました!


今日は甲子園浜球場横へ新たに整備された西宮市消防訓練施設の竣工式典に参加させていただきました。竣工式では実際の訓練を披露していただきましたが、本番さながらの緊張感のある訓練に、終始釘付けでした。このような本格的な訓練可能な施設が整備されている自治体は、中核市の中でも少ないそうです。西宮市消防局員の皆様は今後この施設で、災害や火災に向けた消火や救助の訓練を行います。市民の大切な命を1人でも多く守っていただけるよう、頑張っていただきたいです。

育成センターでの4年生受け入れについて、31年度から苦楽園と甲東が新たに加わることが決定しました!


この3連休は、アローツリーさんで開催された関西学院大学福祉学科主催の「注文を間違えるカフェ」や、船坂にあるJIB40周年記念パーティー、兵庫栄養調理製菓専門学校で開催されたル・リアン主催の北海道胆振東部地震復興支援レストランなど、様々な行事に参加しました。どれも有意義な時間でした。ありがとうございました!

今日は育成センターの受け入れに関するご報告です。
本市の育成センター受け入れは、小学1年生から3年生までを優先に行っています。
しかし、小学校4年生での受け入れも実施して欲しいという保護者の要望も多数あることから、平成28年度以降は定員や施設の面積に余裕があることや男女別トイレが整備されていることなど、一定の基準を満たす育成センターから小学4年生受け入れのモデル実施を行っています。

現在モデル実施を行っている施設は、以下11施設です。
西宮浜・高須・上甲子園・鳴尾・山口・瓦木・高木北・甲子園浜・今津・鳴尾東

そして平成31年度から苦楽園育成センター甲東育成センターを新たに加え、合計13施設でモデル実施を行うとの報告がありました。

12月10日から来年度利用申請受付スタート留守家庭児童育成センター(学童保育) ≪4年生の受け入れセンター拡大≫(西宮市政ニュースWEB版)

また、これまでは小学3年生までの間に育成センターを利用していた児童が受け入れの対象となっていました。しかし、途中で転入された保護者などがサービスを利用できないなど課題もあったことから、今回から過去の利用歴に関わらず4年生の希望者を受け入れるという内容に改めました。

ただ、上記13施設では必ず4年生の受け入れが出来る訳ではありません。あくまで3年生までの児童を優先に利用許可の決定を行った上で、最大定員に余裕がある場合に小学4年生の受け入れが可能となることをご理解ください。

少しずつですが、働く保護者の皆様にとって利便性が向上しています。
放課後の居場所について、過去より提言してきた議員として嬉しく思っております。
一方で、半数以上の育成センターでは未だ多くの育成センターで4年生以上の受け入れが実施出来ていません。また、幼児教育無償化の影響による保育需要の高騰が、今後の育成センター事業の利用に大きく影響を及ぼします。

現在は放課後居場所事業の視察を終え、行政視察レポートを書き上げているところです。
児童全てにとってより良い放課後の居場所となるよう、引き続き取り組んで参ります。