学生主体の一般社団法人フードリンクス兵庫を設立しました。

この度、一般社団法人フードリンクス兵庫(非営利型)を設立しました。

戦後の日本は食べるものが手に入らない『食糧難』で、多くの国民は配給に頼っていました。あれから75年。今ではスーパーやコンビニ等の普及によって、簡単に食料を手に入れることが出来ます。『食糧難』から一転、日本は便利で豊かな国となりました。豊かさは素晴らしいと感じる一方、日本は『フードロス』『食料自給力の低下』など新たな食の問題を抱えるようにもなりました。誰も望まないこうした問題は、豊かさの副作用と言えます。こうした問題は子供達の未来の為にも、改善しなければなりません。

一般社団法人フードリンクス兵庫では、様々な食に関する事業を学生が主体となって企画・運営を行うことによって
・人と人を繋ぎ、多くの人が食の未来を考える・行動する・広めるためのきっかけを作ること
・多くの方が食を通じて様々な社会問題への関心を高め、より良い未来を子供達へ繋ぐこと
を目的として設立しました。

今後フードリンクスが取り組む事業内容は以下の通りです。(定款の通り)
①企業と学生等を食で繋ぐ『業界・職種研究』事業の実施
②森の遊び・農業・調理を体験して食の大切さを学ぶ事業
③食の社会問題について小・中学生と一緒に考えるための放課後出前授業
④障害のある方や認知症の方など、仕事がしたい人のための就労支援事業
⑤子供と絵本を繋ぐ『食の大切さを教える手作り絵本を子供たちに配る』事業
⑥その他当法人の目的を達成するために必要な事業

私は市議会議員という立場を経て、『食』は子育て・教育・防災・産業・福祉・医療など様々な施策とリンクしていることに着目しました。『食について考えること』は『社会について考えること』に繋がると考えました。

フードリンクスの特徴は社員を学生だけで組織している点です。現在は関西学院大学の学生9名が社員として活動してくれています。その執行部代表には、関西学院大学の森美月さんが就任してくれました。

彼女は西宮市で、認知症のある方と若者の交流機会を通して、周知発信や気づきのきっかけを目的とした取り組み、『ちょいまちイタリアン』『ちょいまちオムライス』を実行しています。
この一般社団法人の設立についてご相談したところ、快くお引き受け下さいました。今後は関西学院大学だけでなく、他の大学生にも参加してもらえたら嬉しく思っています。

食には人と人を繋ぐ力があります。フードリンクスでは学生を含む若者がこうした環境の中で様々な人と出会い話すことで、自分たちの為の未来への答えを導き出してくれることを期待して、彼らの活動を支えていきたいと考えております。

理事長には創設者の私、濱口仁士が就任しました。


また副理事長には光岡大介さんファーム&カンパニー株式会社 代表取締役/兵庫食べる通信 編集長/野菜ビストロ レギューム 代表)


顧問には檜山 和司さん(全日本メートル・ド・テル連盟会長/ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド総支配人/ 令和元年に「黄綬褒章」を受章)にご就任いただきました。このメンバーを中心に、今後学生たちの活動を支えて参ります。

フードリンクスでは当法人の目的や事業内容にご理解をいただける皆さまに対して、3,000円から出来るご支援をお願いしています。ご支援を下さった方には返礼品として『リンクスチケット』を贈呈しています。

このリンクスチケットは、同じく当法人にご理解を下さった28店舗の飲食店(サポートショップ)で利用できる割引チケットです。チケット1枚でお会計から1,000円を割引出来ます。この割引は各サポートショップからフードリンクスへの支援という位置付けとなっています。フードリンクスへの活動にご理解をいただいたサポートショップ参加店舗の皆さまには、本当に感謝しております。

リンクスチケットがたくさん利用されることで、フードリンクスへの支援も充実する仕組みとなっています。リンクスチケットを使って美味しい料理やお酒をご堪能いただきながら、フードリンクスの活動をご支援いただければ幸いです。ご支援方法やリンクスチケットに関する詳細は、公式HPをご覧ください。

一般社団法人フードリンクス兵庫

この活動は2年ほど前から構想しており、本来は議員活動と並行して行う予定でした。しかし議員を失職した為、設立するかどうか2ヶ月間悩んでいました。ただ、この活動はどうしてもやりたいという思いが強く、何より一緒に活動したいと言ってくれる学生がいてくれたことが後押しとなり、この度チャレンジすることを決意しました。

『食で出来ること。食だからこそ出来ること。』

立ち上げたばかりの団体でまだ具体的な活動が見えない状況ではありますが、子供達の食の未来の為に活動して参りたいと考えております。どうか皆様のご理解とご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人フードリンクス兵庫 理事長 濱口仁士

4年間本当にありがとうございました。

昨日で西宮市議会議員としての任期が終了となりました。

任期中は私が所属する会派の先輩議員や同僚議員だけでなく、会派を超えて他の先輩議員や同僚議員の皆さまにも多くのご指導を賜りましたことに心から感謝致します。本当にありがとうございました。

また任期中は市の職員の皆様にも大変お世話になりました。度々厳しい意見を申し述べた時もありましたが、それでも親身に私の意見を聞いて下さいました。直接お礼をお伝え出来なかった方々に対して、この場をお借りして感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

最後に4年前やこの度の選挙でご信託下さった市民の皆さま、本当にありがとうございました。1619票という多くのご信託を賜りながら、当選を果たせなかったことに大変申し訳なく思っております。たくさんの方から「若いんだから次回も頑張って!」など叱咤激励をいただくことは嬉しく思います。ただ次回4年後の選挙に出るかどうか、現時点ではどちらとも言えないのが正直な気持ちです。今の私にとって家族の生活を守ることが最重要です。まずはそちらに尽力したいと思います。

この4年間は私にとって、人生でもっとも大きな経験をさせていただきました。
40歳を超えてもなお、多くの学びを与えて下さり本当に感謝に尽きません。
1期とはいえ、西宮市議会で西宮市の為に仕事が出来たことを誇りに思っています。
4年間、本当にありがとうございました。

街頭演説が全て終了しました。引き続き23時59分まで最後の活動を行います!


全ての街頭演説が終了しました。選挙期間中に歩いた距離は142.2Kmでした。(携帯アプリ参照)最後は少しだけ娘と一緒にゴミ拾いを行いました。

これまで多くの方々にポスティングや駅立ち、ポスター貼り等のお手伝いをしていただきました。ご支援下さった皆様のおかげで、この厳しい選挙活動を最後までやり遂げることが出来ました。心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました!

最後に5歳と0歳の育児という大変な状況の中で陰から私を支えてくれた妻と、文句一つ言わずに黙々とポスティングや雑務を手伝ってくれた母にも心より感謝したいと思います。本当にありがとう。

最後は23時59分まで駅にて最後の活動を行います。
宜しくお願い申し上げます。