小中一貫の義務教育学校である守口市立さつき学園を視察しました!


銀河英雄伝説 Die Neue These
私の好きな銀河英雄伝説のリメイク版が深夜に放映されています。実は漫画やアニメが大好きで、前回の作品はDVDで全て見ました。新作は声優の配役に少し物足りなさを感じるものの、映像が飛躍的にアップしており、いつも楽しく見ています。個人的にはヤン・ウェンリーとキルヒアイスが好きです。前作は超長編でしたが、今回は何話までやるのか気になるところです。


さて先週は小中一貫の義務教育学校である守口市立さつき学園を視察しました。義務教育学校とは学校教育法の改正により平成平成27年6月に新設された学校教育制度で、小学校課程から中学校課程まで義務教育を一貫して行う学校です。守口市立さつき学園は守口市立さつき小学校と守口市立第三中学校を統合して、新しく校舎を整備しています。

当日は学校長や教育委員会の方から、さつぎ学園の取り組みや課題について丁寧にご説明をして下さいました。学校では一貫校の特色を使ってさまざまな異学年交流も実施されており、大変興味深い内容でした。

個人的に興味深い内容としては、小学校と中学校を統合して施設を整備する上でのスケールメリットです。地上5階建で3つのアリーナ(体育館)や部室等を含めたさつき学園の延床面積は14,392㎡となっており、総工費は約42億7千万円だと伺っています。この費用は仮に守口市立さつき小学校と守口市立第三中学校の両校をそれぞれ立て替えた場合よりも安くなっているとの説明がありました。


上のグラフは市内全中学校における生徒数及び教室数の推移です。ご覧の通り、生徒数も教室数も共に減少傾向にあります。

守口市立さつき学園の取り組みはまだ始まったばかりですが、このような先進事例を参考に小中一貫教育のメリットやデメリットを整理しながら、本市においても検討を進めることは必要だと感じました。

お忙しい中にもかかわらず、快く視察を受け入れて下さった守口市立さつき学園や守口市教育委員会の皆様、本当にありがとうございました!

ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)に関する勉強会に参加してきました!


今月が予定が詰まっており、ポスティング作業はなかなか進んでいませんが、合間に少しずつ行っています。先週配布中に見つけたとても可愛い車。マツダ360クーペ。1966年に製造されたクラッシックカーですが、ちゃんと走ります。所有者の方によると、学生時代に購入された思い出の車だそうです。次は実際に走っている姿を見てみたいですね!

昨日は川西市議会さま主催で行われたソーシャル・インパクト・ボンドに関する勉強会に参加させていただきました。ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)とは社会問題の解決を目指し、民間から調達した資金で行政機関が事業者に公的サービスを委託、その成果に応じて出資者に利益を還元する仕組みです。今回は実際にSIBの事業を実施している以下3つの企業から、各テーマにおける取り組みや課題についてご説明をいただきました。

■KUMON 『学習療法による認知症予防』(経済産業省SIB調査事業)
■キャンサースキャン 『大腸がんのオーダーメイド受診勧奨』(日本初のSIB案件・八王子市)
■ポラリス 『自立支援介護による圧倒的な要介護認定改善』

どの事例も大変興味深い内容で、大変刺激になりました。
また次回も参加させていただきます。
主催された川西市議会の皆様、ありがとうございました!

芦屋市とのゴミ処理広域化を検討する上で、ゴミの分別は課題の1つとなっています。


今日で朝の駅立ちが終了しました。
最終日となる夙川駅北側の駅立ちは、腹痛でいつもより少し早めに作業を終了させていただきましたが、それぞれの駅では多くの方が私の市政報告紙を受け取って下さいました。改めて受け取って下さった皆様、本当にありがとうございます!市政報告紙を配布する目的は、市民の方が周知されていない市の行政課題を共有した上で、私の考えを伝えることです。この活動は市議会議員として重要な役割の1つであると認識しています。まずは読んでいただけるよう紙面の工夫なども行いながら、多くの方々に関心を持っていただけるよう引き続き取り組んで参ります。


昨日は吹田市で行われたプラスチックごみ問題学習会〜容器包装リサイクル法の現状と課題〜に参加してきました。各自治体の役所関係者や市議会議員、一般市民の方など幅広い参加となりました。講師の久保直紀さまはプラスチック容器包装リサイクル推進協議会の理事を勤めている方です。最初にプラスチックと容器包装に関する基礎知識や処理の推移、分別、リサイクル等の説明を受け、のちに質問コーナーという流れでした。90ページに及ぶ資料を使って、プラスチックごみに関するさまざまなお話を詳細にご説明して下さいました。大変勉強になりました。

現在西宮市は芦屋市とのごみ処理広域化の検討を進めています。ごみ処理広域化の目的は、簡単に言えば複数の自治体で1つのゴミ処理施設を運営・管理するものです。人口減少に伴いゴミの処理量が年々減少する自治体があるなかで、複数の自治体によってゴミ処理施設を運営・管理することはスケールメリットによるコスト削減にも繋がります。

一方で、芦屋市との広域化を進めるにあたり、いくつかの課題も存在します。その1つがごみの収集方法です。
この課題については、過去のブログで取り上げておりますのでご参照下さい。

西宮市・芦屋市ごみ処理広域化について③

芦屋市と本市とでは、
①もやさないごみやペットボトルは、西宮市ではコンテナで収集して回収しているが、芦屋市では袋に入れた状態で回収
②その他プラは、西宮市ではリサイクルを目的に燃えるごみと分けて回収しているが、芦屋市では燃えるごみと一緒に回収して処分
といったように、収集の形態が大きく異なる点が存在します。広域化を進めるためには、収集形態をどちらか一方に統一する必要があります。

仮に芦屋市の収集形態に本市が合わせることになった場合、今まで市民の皆様にお願いしていた分別作業の一部を取りやめなければなりません。

講師の話を伺った私の感想として、プラスチック等のゴミをリサイクルするべきなのか、燃えるゴミと一緒に燃やすべきなのか、現時点ではどちらが正しいとする明確な答えはないように感じました。参加された方の意見には「いっそ燃やした方が効率的ではないか」という意見もありました。

広域化の検討は今後も続く見通しです。引き続き注視して参ります。

市内体育館で実施する親子でリフレッシュ教室や幼児体操教室では、一部の地域でキャンセル待ちが悪化しています!


昨日は阪急苦楽園口駅にて駅立ちを行いました。多くの方が市政報告紙を受け取って下さいました。お声かけなどもいただき、定期的に市政報告活動を目的とした駅立ちを継続する意義をしみじみと感じております。受け取って下さった皆様、本当にありがとうございました!なお、初日の阪急甲陽園駅の駅立ちに続き、今日の阪急夙川駅北側の駅立ちも雨の為16日(水)に延期させていただきました。宜しくお願いします。

過去に開催された平成28年9月の民生常任委員会で、市内10箇所の体育館等で実施する親子でリフレッシュや幼児体操など、未就学児童を対象とした通年教室の申し込み状況について質疑を行いました。

詳細は以下のリンク先をご参照下さい。

親子でリフレッシュ教室や幼児体操教室の募集枠が増えました!

前回の内容をまとめると
■親子でリフレッシュと幼児体操ではキャンセル待ちの児童総数が690名となっていた
■民生常任委員会決算分科会にて、「事業の利用実態やこどもの発育における運動の重要性を考慮すれば、今後未就学児童を対象とした親子でリフレッシュや幼児体操は今後拡充していくべきだ」と提言を行った
■翌年4月には、特にキャンセル待ちの多い北夙川体育館と甲武体育館の教室が新たに増えたことによって、募集枠が増えた
というものです。

先日、担当課にその後の進捗を確認しました。その結果が以下の資料となります。

平成30年4月時点でのキャンセル待ち児童総数は310名となっており、前回質疑を行った時期と比較して380名減となっています。一方で、新たに教室の募集枠が増えた甲武体育館では前年と比較してキャンセル待ちの数は増加傾向にあり、引き続き改善が必要です。西宮市では児童数全体は減少傾向にあるものの、一部では未就学児童数が増加したことによる地域偏在が主な要因であると推測します。

対応策の1つとして、キャンセル待ちとなっている対象児童に他の空きがある教室を利用していただくという考えがあります。実際に数名の保護者がお住いの地域でキャンセル待ちとなったため、他の地域の体操教室を利用されている事例もあることを担当課より確認しています。しかし、送迎負担が大きいことから、他の空き教室への案内を強化したことで高い効果が見込めるのかという懸念もあります。またキャンセル待ちが多い地域では、やむなく民間の教室を利用していることによってキャンセル待ちが減少した可能性もあります。

こどもたちの運動不足が囁かれる中で、運動環境を整えることは重要です。あるべき環境への改善に向けて、引き続き取り組んで参ります!

阪急甲陽園駅の駅立ちは雨のため14日に延期となりました

GWも終わり、新しい市政報告紙をお配りしようと意気込んでおりましたが初日からの雨。

というわけで、表題の通り阪急甲陽園駅の駅立ちは14日月曜日に延期致します。
天候ばかりはしかたがないですね。気を取り直して、明日から駅立ち頑張ります!


5月2日より阪急苦楽園口駅近くにあるギャラリーウラン堂さんにて、マツオマミさんの個展「マツオマミ アート・マルシェ・マミシェ」が始まりました。マツオマミさんは私の市政報告紙No.10の表紙を描いてくれた作家さんです。果物や野菜を人間や動物として描く彼女の絵は、見る人を独特の世界観へ引き込んでくれます。またウラン堂さんはまったりとカフェをしながら楽しめるギャラリーです。5月27日まで開催中です。みなさん、ぜひ足を運んでみて下さいね!